出会い系サイトに潜む危険な罠。トラブル事例や絶対やってはいけないこと

出会い系サイトに潜む危険な罠。トラブル事例や絶対やってはいけないこと

ネット環境やスマホが普及したことによって、ネットでの出会いが増えてきています。

特に最近は、サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」や「ペアーズ」、「FacebookなしでもOKの恋活アプリ」で紹介したようなアプリが多くあり、大手が参入してきています。

しかし、「大手も参入」=「安全性」も高くなっているがゆえに、気楽に使う人も増えているのが実情です。

もちろん、出会い系サイトや恋活アプリで幸せになる人も多くいます
お付き合いできた人、運命の人と出会い結婚できたカップルも多いです。

それでも、出会い系サイトに潜む「危険性」は最低限知っておくべきです。

そこで今回は、出会い系サイトで実際にあったトラブル事例や、危険な例、絶対やってはいけないことを、細かく紹介していきます。

マナーとモラルと法律を知り、身を守っていきましょう。

【出会い系サイトと恋活・婚活アプリの違いについて】

「出会い系サイト」と「恋活・婚活アプリ」。
両者ともに「ネットを通じて出会う」ことは同じですが、私たちLOMAN編集部では、この2つを下記のように分けています。

「出会い系サイト」は、PCMAXやハッピーメール、イククル、YYCといったサイトのことです。
「エッチな関係を求めている人同士が『出会う』」「友人を求めている人同士が『出会う』」など、「恋」「結婚」を目的以外に使用する人もいます。

それに対して「恋活・婚活アプリ」は、「恋愛」「結婚」を求めている人同士が出会うサイトです。
代表的な物には「ペアーズ」「with」「Omiai」などがあります。
業者も少なく、真面目で健全なイメージのあるアプリです。

このように私たちLOMAN編集部では、「出会い系サイト」「恋活・婚活アプリ」を分けて考えています。

今回の記事は、そんな分け方の上での「出会い系サイトの危険性」を紹介していきます。

出会い系サイトで絶対やってはいけないこととは?

極端な例です。

例えば、違法薬物と知らずに薬物をやったとしましょう。
そして、警察につかまったとしましょう。

その時に、
「違法薬物って知らなかったんです」
と言っても、「知らなかった」では済まされませんよね。

それと同じで、出会い系サイトにも「知らなかったでは済まされないこと」があります。

それが以下の3つです。

  1. 児童買春、児童ポルノ
  2. 売春・お金の授受
  3. 脅迫や恐喝

児童買春、児童ポルノ

出会い系サイトは18歳以下は使用できません。
しかし、嘘をついて、18歳以下なのに登録している人もいます。

「18歳だから知らなかった」では済まされませんので、18歳以下かどうか怪しい場合は、運営に通報し、出会わないようにしましょう。

売春・お金の授受

次に売春行為です。
これは年齢関係なくやめた方が良いです。

ここで言っているのは「●万円でセックス」「●万円でデートしよう」など、金銭が絡むものすべてのことを指します。

大丈夫と言っている人もいますが、たとえ大丈夫でもリスクは大きすぎます。
その実例が元新潟県知事です。

売春・金銭の授受は、信頼・信用の失墜につながります。
つかまる・つかまらないの話ではありません。

男性は「金銭を目的にする女性」とは会わないようにしましょう。
女性は「お金をあげるから」「高収入な仕事をしませんか」などのお金をあげると言う男性とは連絡をとらないようにしましょう。

脅迫や恐喝

このページに来ている人はほとんど大丈夫だと思いますが、「脅迫」「恐喝」も絶対にやってはいけません。

ただ、本当にあるのが怖いです。
例えば裸の写真を撮影され、「お金を払わなければばらまく(恐喝)」と脅された人もいます。

こうした被害にあったら警察に相談し、そのアカウントを使っている人を特定してもらいましょう。

もちろんこれら以外にも「やってはいけないこと」はありますが、「やっていいのかな」と思ったことは基本的に「やらない」方が良いです。

出会い系サイトのトラブル件数は減っている

さて、ここまで出会い系サイトでやってはいけないことを紹介してきましたが、実は出会い系サイト関連のトラブルは減少傾向です

例えば「国民生活センター」に寄せられた、出会い系に関する相談件数は以下の通りです。

年度 相談件数
2012年 21,155件
2013年 13,908件
2014年 13,236件
2015年 11,198件
2016年 9,598件
2017年 5,800件

―引用元国民生活センター,出会い系サイトの相談の件数や傾向

これを見ていただくと分かるように、2012年と比べると、相談件数は4分の1ほどに減っています。

しかしゼロではない
いつ、どこで、どんなトラブルに合うかは分かりません。だからこそ、「減っている」と安心せず、「どんなトラブルがあるかを知ること」の方が大事です。

出会い系サイトのトラブル事例

では、出会い系サイトを使うと、どんなトラブルに巻き込まれることがあるのでしょうか?
実際のトラブル事例を見ていきましょう。

  1. 他サイトへの誘導と詐欺
  2. 個人情報トラブル
  3. 金銭的トラブル

他サイトへの誘導と詐欺

よくあるトラブルの1つ目が「詐欺」トラブルです。

とっても可愛い女の子からメールがきた。
LINE交換もできて、会えるはずだった。

でも、「こっちのサイトで連絡取ろう」と言われて、違う出会い系サイトに登録したら、料金を請求された。

そんなケースです。

ハッピーメールやPCMAX、イククルなどは安全です。
しかし、これらを通して「他の出会い系サイトへの誘導」があった場合は、危険ですからやめましょう。

個人情報トラブル

「他の出会い系サイトに登録したら、詐欺サイトだった。入力した個人情報の扱いが心配だ」
そんな個人情報関係のトラブルも多いです。

先ほどもお話ししたように、PCMAX、イククル、YYC、ハッピーメールなど、メジャーな出会い系サイトは大丈夫です。

なぜなら、事業所の所在地を管轄する「都道府県公安委員会」に、所轄警察署長を経由して、インターネット異性紹介事業の届け出がしてあるからです。

インターネット異性紹介事業の届け出がしてある出会い系サイトは、警察に以下の7つの書類を提出しています。

(1) 本籍記載の住民票の写し(外国人の場合は国籍等記載の住民票の写し)
(2) 欠格事由に該当しないことを誓約する書面
(3) 成年被後見人又は被保佐人に該当しない旨の登記事項証明書
(4) 成年被後見人とみなされる方、被保佐人とみなされる方、準禁治産者又は破産手続き開始の決定を受け復権を得ない方に該当しない旨の市町村(特別区を含む。)の長の証明書
(5) 児童でない未成年者(婚姻により成年に達したものとみなされる方を除く。)で出会い系サイトを営むことに関し法定代理人の許可を受けているものにあっては、その法定代理人の氏名及び住所を記載した書面並びに当該許可を受けていることを証する書面(事業者の相続人である児童でない未成年者で出会い系サイトを営むことに関し法定代理人の許可を受けていないものにあっては、被相続人の氏名及び住所並びに出会い系サイトに係る事務所の所在地を記載した書面並びにその法定代理人に係る(1)~(4)の書類)
(6) 出会い系サイトを行おうとする方が法人である場合は、次に掲げる書類
・定款及び登記事項証明書
・役員に係る(1)~(4)の書類
・役員に係る欠格事由のいずれにも該当しないことを誓約する書面
(7) ウェブサイトのURLを使用する権限のあることを疎明する資料
引用元神奈川県警察,インターネット異性紹介事業の届出方法について

ですので、トラブルがあった時も、警察はすぐに対応してくれます。

何はともあれ、「知らない出会い系サイト」に登録しようと思った時は、最低限「インターネット異性紹介事業の届け出番号」があるかどうかは確認するようにしましょう。

金銭的トラブル

男性に良くあるトラブルは「パパ活」トラブルです。
パパ活は、出会う女性に金銭的援助をし、その見返りに、自分の欲求をかなえてもらう行為です。

しかし、パパ活は完全にアウトです。
人によっては1000万円以上の被害にあっている男性もいるようですが、それはどうしようもありません。

また女性によくあるトラブルは「高収入」関係のトラブルです。
「いいバイトしませんか」
「お金をあげるので、会ってください」
こうした話に乗っかっていった所、脅迫を受けたり、AVに出演させられたりといったトラブルがあります。

先ほども話したように、金銭が絡む話はトラブルの元です。
絶対に関わってはいけませんし、不安であれば国民生活センターに相談をしましょう。

安全な出会い系サイトはあるの?

ここまで紹介してきたように、出会い系サイトに関わるトラブルのほとんどは、

  • 危険な出会い系サイトへの誘導
  • 金銭的授受のある誘導
  • 不用意な個人情報の入力

が問題です。

「危険な出会い系サイトに登録する」
そこからトラブルに発展していきます。

だからこそ「安全」に使える出会い系サイトを使うべきです。

しかし、「PCMAXだから安全」「YYCはミクシィグループだから安心」という問題ではありません。
安全面について不安な方は、出会い系サイトではなく、大手の運営する「恋活アプリ(ペアーズなど)」を使うようにしましょう。

FACEBOOKなしでもOKの恋活婚活アプリ7選Facebookをやっていない人の恋活婚活アプリ特集!登録なしで出会えるアプリ7選 30代の婚活アプリ特集!~真剣に婚活するアラサー男性向け~30代の婚活アプリ特集!~真剣に婚活するアラサー男性向け~

でもやっぱり・・・「ヤリたい!」
そんな方は出会い系サイトにチャレンジすべきです。

出会い系サイトは最初に伝えたように「性的な出会いを求めている人同士が出会う」ことも可能ですから、まずは、「メールし放題プラン」があり、私自身も使っている「PCMAX」から攻めてみましょう。

>>PCMAX

PCMAXの口コミ評判の本音調査!GooglePlayやAppSotreのレビューも紹介します 最強のヤリモクアプリ決定戦!女性からの評価も高いヤレるアプリNo.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です