結婚を諦めたら結婚できた!婚活をやめた理由と前に進めた理由

結婚を諦めたら結婚できた!婚活をやめた理由と前に進めた理由

婚活をしてもしても一向に結婚できる気配がない。行動して恋人ができないならまだしも、行動して恋人ができない辛さは、本当に辛いはず。

そうして結婚を諦めることとなったのですが、結婚を諦めてから、なぜか状況がよくなり、結婚できました

このページでは、そんな体験談も踏まえながら、結婚を諦める年齢や理由、結婚を諦めたら上手くいくワケを分析し紹介していきます。それではいきましょう!

みんなはなぜ結婚を諦めた?諦めた年齢は?

結婚を諦めた理由と年齢

では結婚を諦めた人はどんな理由で結婚を諦めたのでしょうか?また、諦めた年齢はいくつくらいなのでしょうか?

  1. 結婚を諦める年齢
  2. 結婚を諦める理由

結婚を諦める年齢

20代や30代前半では、まだ未来があり「結婚」に対するモチベーションも高いことが分かりました。

しかし30代後半になってくると例えば女性は妊娠率の低下や肌質の低下など「加齢」を感じるようになり、時には一人の時間が長く、それに慣れたため、「一人の方が楽」と結婚を進んで諦める傾向にあるようです。

「20代はまだまだチャンスがある」と思っていても、30代後半になってくると「もっと早く婚活しておけば」と後悔すると言う事でもあります。

それに対して「男性」の場合だと、40代以降も結婚したい人は積極的に婚活をしています。やはり性別による差は大きいですね。

結婚を諦める理由

では、どうして結婚を諦めようと思ったのでしょうか?その理由には、このようなことがあります。

  • 年齢的に出会いが少なくなったため。
  • 同年代の独身相手と出会うことが大変だから。
  • 1人暮らしに慣れ過ぎた。もう二人で生活することは考えられない。
  • 結婚相手に合わせた生活はめんどくさくて苦痛。
  • 結婚よりも趣味が大事
  • 恋愛に対してトラウマができた。もう二度と恋愛はしたくない。

このように結婚を諦める理由は人それぞれですが、特に「一人の時間が充実している」人の多くは、結婚を諦めるというより、率先的に独身を選んでいる傾向にあります。

結婚を諦めたら結婚できる人の特徴

結婚を諦めたら結婚できる人の特徴

では、今回の本題である「結婚を諦めたら結婚できた」理由について紹介します。これは、「誰もが諦めたら結婚できる」わけではないと僕は感じています。

事実、周りの友人を見てみても、「諦めたら上手くいった」人と、「諦めたから独身のまま」の人がいます。その「差」は何なのでしょうか?

  1. 実は完全には諦めていない
  2. 行動に対して花が咲いた
  3. 相手に合わせないことが、良い方向へ
  4. 恋愛ではなく人生を楽しめるようになる

実は完全には諦めていない

「結婚を諦めたけどできた」人の多くは、諦めてからも婚活は継続しています。ただそれが「自分の負荷にならないよう」に、これまでより活動量を減らしているだけです。

だから、婚活アプリに毎日何回もログインすることはありませんし、出会ってもガツガツしない精神状態にあると言えます。

そういった「力の抜き具合」は、見方によっては「大人な雰囲気(落ち着いた雰囲気・安心感)」につながります。結果として、結婚をあきらめた人ほど魅力が高まり、結婚できることが多くなっています。

行動に対して花が咲いた

結婚があるならその前には「恋愛」もあります。
そして「恋愛」は「経験・スキル」でカバーできるものです。

例えば中学生から恋愛をバリバリしている子もいます。それに対して社会人になって恋愛を頑張ろうと思う人もいます。

つまり、恋愛スキルは社会人になった時には10年以上の差になっていることもあるということです。

そして結婚を諦めたら結婚できたという人は、婚活中に「かなり多くの恋愛経験」をしています。何度も失敗し、その度に立ち上がっています。

結果として結婚をあきらめた人=スキルが高い人です。たまたまそれが諦めてから花が咲いただけであって、誰もが諦めたら結婚できるわけではありません。

相手に合わせないことが、良い方向へ

結婚を諦めきれないうちは「相手に合わせてできる限り気に入られよう」と頑張ることもあると思います。しかし、諦めるといい意味で「自分」を大切にできるようになります。

そうしていい意味で「相手に合わせない出会い」をすることで、自分の魅力がアップし、生活バランスが崩れない=自分の趣味などを尊重してくれる相手と出会うことができます。

また、こうして自分をさらけだすと、相手もリラックスできます。諦めることが結婚につながる好例です。

恋愛ではなく人生を楽しめるようになる

結婚を諦めきれないうちは「恋愛・婚活がうまくいったかどうか」が満足感や充実感を左右します。しかし、結婚を諦めると、「恋愛がうまくいった」「デートがうまくいった」ということに左右されにくくなります。

それよりむしろ「今をいかに楽しむか」が大切になり、結果的に1つ1つの出会いが楽しくなります。

また、出会えなくても、いい意味で諦めがついているので、落ち込むこともありません。そういう良い精神状態が結婚を呼び込んでいることもあるのです。

結婚を諦めたら結婚できた人は「自然体」

つまり、「結婚を諦めたら結婚できた」人は、これまで以上に自分に正直な「自然体」になっているということです。

恋愛って何か裏技があるような感じがします。「心理学」も極めれば、メンタリストDaiGoのように人の心をコントロールすることができるのかもしれません。

でも、一番の薬は「自然体」なんです。

「私には魅力がないんだ!」と思っていても、人から見れば魅力があります。例えば「笑顔」も魅力の1つですし、「趣味をしている姿」も魅力の1つでしょう。

そしてそういう魅力は自然体な姿から生まれます。だからこそ結婚を諦めても、「自分の人生を充実させること」を楽しんでいきましょう。

楽しんで生きていれば、相手からアプローチされるようになることも増えます。

今もし「諦めようかな」と思っていたら、実際に諦めて力を抜いてみましょう。そして結婚を諦めてまずは半年間過ごしてみましょう。

そうすると、これまで以上に上手くいく時がくるかもしれません。

諦めきれない人は最低限恋活アプリで活動しよう

さて、とはいっても「完全に」諦めてしまっては、結婚できるものもできなくなります。
ですから、結婚を諦めたとしても、心のどこかで「結婚したい」と思っているならば、最低限「恋活アプリ」での活動は継続しましょう。

毎日1回のログインで十分です。メールの返信も自分のペースで十分です。

あくまで「自分」を大切にしながら、出会いのチャンスはつくっていきましょう。

特にオススメの恋活アプリは「ペアーズ」「with」です。

ペアーズは「会員数・アクティブ人数が最大」といった特徴を持っています。
「with」はメンタリストDaiGo監修のアプリで、独自の診断機能が特徴です。

こういう「最低限の出会い」をつくっておかないと、「諦めたら諦めただけ」になってしまいますので、普段のゲームと同じ感覚で、毎日ちらっとアプリを覗いてみることが大切です。

婚活ではなく人生の質を高めるヒント

それでも「もうやっぱり諦めよう!」と思ったなら、結婚や婚活ではなく「人生そのもの」を充実させることに取り組みましょう。

結婚をせずに一人で生きていくというのは、やはり「孤独」です。
マズローの欲求5段階説がありますが、3段階目に「社会的欲求(帰属欲求)」があり、これを満たさないと4段階目の「尊厳欲求」、5段階目の「自己実現欲求」を満たせません。

だからこそできる、「人生の質を高めるヒント」を紹介していきます。

  1. 仕事を大切にする
  2. 趣味を持つ
  3. 自分磨きを怠らない
  4. 価値ある何かを想像する

仕事を大切にする

結婚を諦める=一人で生きていくためには、ある程度自分でお金を稼ぐことが必要です。そうして仕事に打ちこんで人間の「生理的欲求」「安全欲求」を満たさなくてはいけません。

そうした最低限の安心感が、人生を充実させることにつながります。

※ですので「一生仕事をしていく気がない」という人は、苦しくても婚活をした方が楽な場合があります。

趣味を持つ

趣味があれば、同じ趣味を持つ「友人」を見つけることができます。趣味が合う友人は気が合うことも多いので、社会的欲求が満たされやすくなります。

そうすると孤独感や社会的不安を感じにくくなります。より人生が充実するのです。

自分磨きを怠らない

次に大切なのが「自分」を成長させることです。常に自分を成長させていくと、いつのまにか他の人から認められたり尊敬されたりするようになります。するとより人生が楽しくなります。

中途半端な努力ではこのレベルまでいけませんが、ある意味で「結婚を諦める強い精神の持ち主」は、このレベルまでいける可能性が十分にあります。

価値ある何かを想像する

また、仕事や趣味などを極めていくと、「自分から何かを創り出したい」と思えるはずです。
例えば、このメディア「LOMAN」のように情報発信をしたくなるかもしれませんし、何か自分で講座を開きたくなるかもしれません。

そうしたレベルに行くための努力は、充実した人生につながります。「自分のミッションがある」と感じたら、それに向かって突き進みましょう

さいごに

結婚を諦めるか諦めないかは個人の判断です。
しかし、大事なことはその決断をして半年後、1年後、5年後、10年後などに「後悔しないかどうか」だと思います。

そして、もし後悔すると感じるのであれば苦労してでも乗り越えるべきです。

実際「結婚を諦めた」人の中にも「進んで諦めて後悔していない人」もいれば「諦めて後悔した人」もいます。

自分の選択に責任を持つことも大事ですので「人がどうこう」ではなく、「自分がどうしたいか」で決めていくことが大切ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です