街コンの選び方の極意!恋につながる失敗しない探し方

「出会いがない!」
そう思ったときに行ってみたくなるのが「街コン」です。

しかし探してみるとどうでしょう。
街コンサイト自体たくさんありますし、街コンの「企画」も数多くあります。

「どれを選んだらいいか分からない!」
そう叫びたくなったのが、LOMAN編集長の斎藤です。

実際、適当に選んだ街コンに行ってみると「失敗したな」と思うことも数多くありますし、時には数が多すぎて選べずに「選びきれなかったこと(前進できなかったこと)」に後悔することもありました。

そこでこのページでは、街コンの少し先輩である斎藤が、「失敗しない街コンの選び方の極意」を紹介していきます。

それでは、まいります。

失敗しない街コンの選び方の5つの極意

  1. 街コンの参加人数を確認する
  2. 街コンの開催場所をチェックする
  3. 年齢層が広すぎないものを選ぶ
  4. 運営元の信頼性も確認する
  5. 7割がハズれだと思って行動する

街コンの参加人数を確認する

街コンのほとんどは「男女比」が整えられています。

しかし、「8対8」の企画もあれば、「20対20」の企画もあり、人数が多いからと言って開催時間が長くなることは稀ですから、参加人数が少ないほど一人の相手と長い時間話すことができます。

そこで、できれば「20人以下」の企画を選びましょう
参加人数が不明瞭な企画には参加しないようにしましょう。

街コンの開催場所をチェックする

街コンは「場所」が決められています。

自社で運営している場所が会場になることもあれば、「ヒルトン」などリッチな場所が会場になることもあります。

そして、よくよく見てみると、この開催場所が「チェーン店の居酒屋」なんてこともあります。

チェーン店の居酒屋での街コン。
そんなの燃えませんし、がっかりした気分になることも、きっと多いですよね。

ということで、開催場所はとても大切です。
「この場所に行ったら、恋に落ちるよね」という雰囲気が漂う開催場所を選ぶようにしましょう。

年齢層が広すぎないものを選ぶ

街コンにはそれぞれの企画に「年齢制限」が設けられています。
しかし、中には「30歳~48歳」などとても広い年齢層で、年齢制限があってないような企画も存在します。

同じ会場に30歳もいれば48歳もいる。
これはとても不思議な空間になること間違いなしで、男性も女性も誰を選んだらよいのか混乱します。

混乱すると人は選ぶ気持ちがなくなります。
シャンプーが100種類もお店に並んでいたら「もう選ぶのめんどくさい」となるのと同じです。

ということで、年齢層はできる限り狭いものを選びましょう

  • 20歳~29歳
  • 30歳~39歳
  • 25歳~35歳

など、年齢幅が10歳程度の街コンを選ぶのがオススメです。

運営元の信頼性も確認する

街コンは「運営」の動きがとても大事です。

  • 笑顔で対応してくれるか?
  • サービスは行き届いているか?
  • 参加者がストレスなく参加できる環境を整えているか?

このような質問にどれも「YES」と答えられるような運営元を選ぶべきです。

例えばすっごく美味しい飲食店があったとしましょう。
しかし、味が良くてもサービスが悪かったら、「不満」がたまると思います。

「サービスの質」はやはり大事です。

街コンは地方の企業が運営する街コンより、大手が運営する街コンの方が安定感も集客力もあります

IBJやゼクシィ、パートナーエージェントなど、大手の開催する街コンを選ぶのがオススメです。

7割がハズれだと思って行動する

ここまで紹介してきた「参加人数」「開催場所」「年齢層」「運営元の信頼性」が満たされていたとしても、果たしてそこに「運命の人」がいるかどうかは分かりません。

つまり、街コンには「運」の要素が結構あります

人は失敗したくない生き物。
どうしても「行くなら何かしらの結果が欲しい」と思ってしまいますが、街コンは7割がハズレです。

しかし行くことに価値があります。

行くからこそ街コンの立ち回りも分かってきますし、今回の街コンで成功しなくても「次回はイケそう」と思えることも多くあります。

何より街コンは行けば行くほど「成功率」が高くなります。
そして、立ち回りが分かっているからこそ、本命の人=運命の人だと感じた人に、経験者ほど効率的にアプローチできます。

ですので、初心者の方ほど、とりあえず参加してみましょう。
そうすることで、「街コンと自分の相性」「街コンの期待値」などが分かってくると思いますよ。

LOMAN編集部オススメの街コン

ということで「街コン頑張ってください!」で終わっても良いのですが、それではあまりに不親切だと感じましたので、LOMAN編集部オススメの街コンを紹介します。

  1. OTOCON(オトコン)
  2. PARTYPARTY

OTOCON(オトコン)

まずお勧めしたいのがパートナーエージェントの運営する「OTOCON」です。

  • 開催人数が「7対7」の少数企画が多数ある
  • 年齢層が10歳以下の企画もある(もちろん広い企画もあるのであしからず)
  • 男性3500円程度で男性料金が安い(女性は1500円程度)
  • 「馬CON」「金剛院コラボレーション」など特別企画もある
  • 早割があり、14日前までに申し込むと500円OFFになる

特に自社会場を用意していて価格が安くなっているのが特徴で「はじめの一歩」にとても適しています。

年齢幅が10歳前後の企画も探すと結構見つかりますので、どの街コンサイトを使おうか迷われる方は「OTOCON」で街コン探しをしてみてください。

PARTYPARTY

次にオススメしたいのがIBJの運営する「PARTYPARTY」です。

  • 年齢層を絞った企画が多い
  • 街コン1つ1つの質が高い
  • 「背が高い」「高年収」「スーツ着用の仕事」などステータスを活かした街コン企画もある
  • 東証一部上場企業運営の安心感

男性料金は6000円前後、女性料金は3000円前後とOTOCONに比べて高いですが、それでもほとんどの会が「満席」になっているのは、PARTYPARTYの街コンの質が高く、恋につながることも多いからでしょう。

「本気で恋人探しをしたい」
「本気で恋人探しをしている人に出会いたい」

という方は、料金の安いOTOCONより、料金の高い本気の人だけが参加するPARTYPARTYの方がオススメです。

さいごに

ここまで街コンの選び方を紹介してきましたが、街コンは「立ち回り」「服装」などがとても大切です。

それについては(婚活パーティーの記事ですが)下記記事で紹介していますので、そちらの方も一度読んでおくと、さらに失敗しない街コンを過ごすことができると思います。

婚活パーティーへ行ってきた。服装や会話、女性の質などを本音でまとめよう

また、街コンに参加すれば絶対恋人ができるというわけではありません。

街コンと併せて、ぜひ「恋活アプリ」にもチャレンジしておきましょう。
恋活アプリは無料登録できますし、例えばDaiGo監修の「with」は男性も1か月無料で有料機能のすべてが使えますよ。