好き避けする男性の心理分析&嫌い避けとの見分け方や両想い片思い時の対応法

好き避けする男性の心理分析

好き避け男。
これには2種類あります。

  1. あなたが好意を抱いていることに気づき(知り)、あなたを避けてしまう男
  2. あなたのことが好きだからこそ、避けてしまう男

特に「2」の意味が強いですが、どちらにも共通すること。
それは「あなたを意識している」ということです。

しかし意識はしているのですが、あなたのことが好きだから避ける「好き避け」もあれば、あなたのことが嫌いだから避ける「嫌い避け」もあります。

では「好き避け」と「嫌い避け」をどう見分けたらいいのでしょうか?
好き避け行動あるあるにはどんなものがあるのでしょうか?

また、好き避けだと分かったら、どう対応したらいいのでしょうか?
職場での好き避けの場合、どのようにコミュニケーションしたら良いのでしょうか?

好き避けはチャンスです。
特に、その男性のことが好きなら、あと一歩でお付き合いできる状態ですから、この記事を通して、前進してみてくださいね。

その男性の行動。好き避け?嫌い避け?

相手の男性が好き避け男か嫌い避けか男か。
これをハッキリ見分けることはできないのですが、その男性の行動や性格を見れば、だいたい分かります。

まずは好き避けか嫌い避けかを見分けるために、好き避けしやすい男性の行動や性格を見ていきましょう。

  1. 人の悪口を言わない・誰にでも平等に接する
  2. 優秀で仕事ができる
  3. 女性慣れしていない男性
  4. 自信がない男性
  5. 周囲の目が気になる
  6. 真面目で信頼感がある

人の悪口を言わない・誰にでも平等に接する

好き避けしやすい男性は人の悪口を言いません
そして、誰にでも平等に接することができます。

しかし「あなたが好き」な時は話は別。
あなたのことが好きだからこそ、平等に扱えなくなってしまいます。

心はパニック。
好きだから話すと心臓はバクバクするし、自分が自分でいられなくなることもあります。

だから避けてしまいます。

なにはともあれ「誰にでも平等に接する人」の場合は好き避けのことが多いです。
嫌い避けではありません。
嫌いなら普通に接してくるはずだからです。

優秀で仕事ができる

優秀で仕事ができる男性
そして「きっと学生時代は、成績良かったんだろうなぁ」と思える人。

そんな男性も好き避けしやすいです。

優秀な人は、自分をコントロールできます。
仕事をしたくない時も頑張って結果を出しますし、上手に休むことも知っています。

しかしあなたのことが好きになると話は別。
自分の心がコントロールできなくなります。

心の中で、
「君のことが好きすぎて、話しているとどうかなりそうだ!」
「話していると、つい、ダメな想像(エッチのシーンなど)をしちゃうんだ」
と思うことだってあります。

そうなると、仕事にも、プライベートにも自分らしさがなくなったように感じてしまいます。
だから、あえてあなたのことを意識しないように好き避けしてしまうこともあるんです。

恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋さんも好き避けします。
普通なら「嬉しい」のですが、恥ずかしすぎて避けてしまうんです。

  • 変なことを話して嫌いになっちゃわないだろうか
  • どう対応していいか、分からないんだ
  • 好きだけど、好きすぎて何を話したらいいか分からなくなっちゃうんだ

など、「あなたのことが好きじゃないと考えないこと」も考えてしまう傾向にあります。

女性慣れしていない

その男性が女性慣れしていない時。
この時も好き避けしてしまう傾向にあります。

女性慣れしていない男性にとって、女性と話すことはプレッシャー。
あなたのことが好きなら、あなたと話すだけで、かなりのプレッシャーを感じるはずです。

もしその相手の男性が、

  • 男性と話す時
  • 女性と話す時

で、男性と話している時の方が「リラックス」していたら、女性慣れしていないかもしれません。

自信がない男性

自信がない男性
こんな人も好き避けしやすいです。

例えば過去に恋愛で失敗して、恋愛する自信がない男性。
今まで付き合う経験をしたことがなくて、楽しませる自信のない男性。

「ありのままのあなたが素敵なんです」
そう言いたいのですが、本人は自信がないので、ついつい避けてしまいます。

また「自信がない」というタイプは、

  • あなたに笑顔になって欲しい
  • あなたに幸せになって欲しい

と思っていることもあります。

そして、「自分がそれを達成できるか分からないこと」が自信のなさにつながっていることもあります。

このタイプはすごく素敵な男性ですし、真面目ですから結婚にも向いています。

周囲の目が気になる

特に職場などでの八方美人な男性に多いのが「周囲の目が気になる」男性です。

周囲の目が気になるので「誰かにばれるのは嫌だ」と思ってます。
あなたのことが好きだとしても、あなたのことが好きなことを同僚にバレたくないって思ってます。

なので、バレないように「好き避け」します。

ただ、この場合は「周りが気づいていること」が多いです。

 真面目で信頼感がある

ここまで好き避けする男性の性格・行動を紹介してきました。

一言で言うなら「真面目で信頼感のある男性」
こんな男性は好き避けする傾向にあります。

誠実で嘘は苦手。
浮気もしないし、人情がある。
マナーもしっかりしているし、人を大切にする。

でも好きな人が相手だと、違う感情がこみ上げてくる。
それが「恋」なのですが、普段と違う感情に慣れず、どうしていいか分からず、「逃避」してしまうんですね。

では、好き避けする男性に、どう対応したらいいのでしょうか?

好き避けする男性への対応法

好き避けといっても、「両想い」の場合もあれば、「片思い」の場合もあります。
あなた自身がその男性に恋愛感情を持っているのか・いないのか、ということです。

  1. 共通する好き避け男性への対応
  2. デートに誘ってみよう
  3. 片思いの場合は、恋を探してみよう

共通する好き避け男性への対応

両想いであろうと片思いであろうと、共通する対応があります。
それが「いつも通りに接する」ということです。

あなたは「避けられている」と感じるかもしれません。
でも、気にせずに普段通りに話しかけましょう。

「普段通りって無理!!」
そう思うかもしれませんし、事実、だから悩んでいるんだと思います。

でも、ここで大切なのは、接する時に「避けられていることを意識しない」こと。

例えば職場なら、必要な時は話しかけましょう。
他の人と同じように接しましょう。
これまで通りに対応しましょう。

デートに誘ってみよう

もしあなたもその男性のことが好きなのであれば。
そして「好き避けの可能性が高い」のであれば。

その場合は、思い切ってデートに誘ってみましょう

好き避け男子も、好きな人にデートに誘われたら、嬉しいです。
しかもデートは二人の空間。
周りの視線も気になりませんから、「ぜひ、いきましょう」と言うはずです。

ただ断られたときの心理的ダメージ。

これが気になる人は、
「●●くんって映画好きだったよね?▲▲の映画見たいんだけど、一緒に行かない?」
と、友達を誘うようなデートの誘い方をしてみましょう。

片思いの場合は、恋を探してみよう

さて、両想いではなく片思いの場合。
この時はどうしたら良いのでしょうか?

まず、先ほど紹介したように「いつもと同じように接する」ことは大事です。

しかし、それでは男性の好き避けは止まりませんし、あなたの悩みは解決しません。

さらに、好き避けは「きっと好きだろう」という立場ですから、「ごめんね、私は他に気になる人がいるの」なんて言ったら、「え?別に意識してないけど?」とポカーンとされてしまうこともあります。

だからこそオススメなのが「恋人を作る」という方法です。
そしてやんわりと好き避け男性に、恋人がいることを伝えましょう。

指輪をはめるのも良いでしょう。
友達に「●●さん、付き合いだしたんだって」という噂話を伝えてもらってもいいでしょう。

こうすれば、あなたも前進できます。
そして、好き避け男性も前進できます。

だからこそ、もしあなたが好きではない片思いの場合は、あなた自身の本当の幸せを追い求めて、恋人探しをしてみましょう。

なお、恋人探しはPCMAXやイククルなどの出会い系はNGです。
ペアーズやタップル誕生などの恋活アプリを使うようにしましょう。

さいごに

好き避け。
これは心理学でいうなら「闘争・逃走反応」の1つだと思います。

好きな人と話すからこそストレスを感じる。
そしてそのストレスによって、アドレナリンとコルチゾールが放出され、

  • 心拍数は上昇し
  • 瞳孔は拡大し、
  • 手が震える

などの症状が出てきます。

この記事では、
「自分がコントロールできなくなるのが嫌だから好き避けする」
と表現した部分もあります。

しかし、これを正しく言うなら
「自分でも自分がコントロールできない状態」
「心拍数が上がってしまい、話しているのが辛くなってしまう状態」
とも言えます。

ですから、好き避け男性のことを
「なんて勇気がないんだ、ハッキリ言えばいいのに」
と責めないでください。

好き避け男性は優しい人が多いです。信頼できる人が多いです。
良い所を見て、両想いなのであれば、あなたの方から声をかけてあげてくださいね。

タップル誕生で出会う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です