withアプリもどうせサクラはいるんだろ?そう思って半年使った僕の感想

DaiGo監修のマッチングアプリ「with」は、上場企業の「株式会社イグニス」が運営し、365日24時間の厳重な監視体制のあるマッチングアプリです。

「メッセージ1通〇円」の出会い系とは違いますから「サクラ」がいる確率は低いと言われています。

しかし、僕はあまのじゃくな性格(笑)

withには失礼だと思うのですが、「そんなこと言っても、どうせwithもサクラいるんだろ?」と思いながらwithアプリを使い始めました。

僕は、前回の記事「僕のwithの口コミ体験談!本音で伝えたいメリット&デメリット」で書いた通り、半年間withを使ってきました。

その体験の中で分かった「withアプリのサクラの現状」について、僕の感想文ではありますが、事実として感じたことを書いていきたいと思います。

  • サクラがいるアプリなんて使いたくないよ!
  • withにサクラがいるのか実際のところを知りたい!
  • 何割くらいサクラがいるの?

そんな方の参考になると思いますので、ざっと読んでみてくださいね。

それでは、まいります。

【事実】withアプリにサクラはいるの?

まず、事実を1つ紹介します。

それが、withアプリにサクラはいないけど、業者はいるということです。

  1. withにサクラはいない
  2. withに業者はいる
  3. 業者の数は少ない

withにサクラはいない

まず、半年間使ってみて、運営が用意したようなメッセージするだけの女性に、僕は当たったことがありません

どの女の子も実際にいそうな子ばかりでしたし、10人とマッチングすれば1人と実際に会えてきたので、「サクラはいない」というのはほぼ確実なように思います。

withに業者はいる

次に、業者はいます。

これは「with」の運営も業者がいることを認めていまして、ヘルプセンターには、以下のような公式回答が書かれています。

with内でマッチングしてやり取りをした相手が「不審だ」と感じたらこちらを参考にしてご通報のご協力をお願いいたします。

withでは365日24時間体制を敷いて監視対応しており業者・違反者対策には万全を期しておりますが、次々と手を変えて入り込む業者・違反者に対しては会員様皆様の通報のご協力が必要と考えております。

引用元with – ヘルプ

つまり、withを利用して悪いことを考える人たちは一定数いるということです。

業者の数は少ない

最後に、業者がいることは残念ですが、事実として業者の数は少ないです。

僕はこれまで、業者にも一度も当たったことがありません。
LOMAN編集部の中には業者に当たったことがある仲間もいますが、それは「本当に運が悪かった」というレベルのものです。

withのサクラ問題は気にしなくて大丈夫

ということで、まずここまでをまとめると、withのサクラは気にしなくて大丈夫です。

僕のように「どうせサクラいるんだろ?」と思う方もいると思いますが、使ってみると、「本当にサクラがいなかったんだ」といい意味で裏切られると思います。

MEMO
※withは1か月無料キャンペーンがあるので安心して使えます。

男性に朗報!withアプリは無料で1か月間使える神アプリだった

しかし、問題なのは業者です。

withのサポートも公式回答しているように、業者は監視体制を潜り抜けてwithに登録してきますから、僕たちユーザーもある程度の「基礎知識」をもって対策していかなければいけません。

では、withに登録してくる業者にはどんな特徴があるのでしょうか?

withに登録してくる業者の特徴と対策

  1. withに潜む業者の特徴
  2. 業者っぽい人とマッチングしてしまったときの3つの対策

withに潜む業者の特徴

まずwithに潜んでいる業者の特徴を3つ紹介します。

  1. 簡単な初回メッセージを送ってくる
    「これから仲良くしてもらえると嬉しいです」「イイねありがとうございます」「これから仲良くしてくださ~い♪」など、業者は簡単なメッセージを送ってきます。
    自分のプロフィールも見ていないような簡潔なメッセージの場合は注意が必要です。
  2. 連絡先交換を急ぐ
    次に、業者は連絡先交換を急ぎます。
    なぜならwithのメッセージ上で、別のURLに移動させたりすることはできないからです(with上のメッセージはすべて審査があるためです)。
    普通の女の子は、メッセージで仲良くなっていないのに「LINEの交換しませんか?」なんて送りませんから、連絡先交換は慎重に行いましょう。
  3. 言葉が通じない
    メッセージは言葉と言葉のやりとりです。
    しかし、業者のメッセージは、こちらの送ったメッセージと関係のない文脈でメッセージを返信してくることがあります。
    「こいつ、言葉が分かってるのか?」と思うような人とは絶対に付き合わないようにしましょう。

業者っぽい人とマッチングしてしまったときの3つの対策

では、もしも業者っぽい人とマッチングしてしまったら、どんな対策をしていけばよいのでしょうか?

  1. 数日間、無視をし続ける
    もしマッチングした相手が業者だった場合、その業者は他の男性とも連絡を取り合っていますから、通報されるリスクもかなり背負っています。
    そのため数日待つと、運営が発見して、アカウント削除していることもよくあります。
    数日待ってアカウント削除されていたら業者確定。
    この場合は、削除された段階でスッキリ解決です。
  2. 明らかに怪しい場合は通報する
    次に「これはたぶん業者だな」と思ったら、通報するのも1つです。
    通報する=即削除ではありませんが、通報すると、そのアカウントが怪しくないか、運営がくまなくチェックしてくれます。
    そして運営が「アウト」と判断したら、通報したアカウントは削除されます。
    この場合も、削除された段階でスッキリ解決です。
  3. 次の一歩を踏み出す
    最後に、業者っぽい人とは一切付き合わないというのも1つの手段です。
    withの業者はたぶん1%にも満たないですし、withは毎日何百人と登録してきますから、業者の可能性がある人を追い求めるのではなく、真面目な恋活をしている人とメッセージをするようにしましょう。

また、余談にはなりますが「いいね数が急増しているアカウント」にも要注意です。

「いいね」って有限です。

しかし、業者はお金を出して「いいね」を購入し、あらゆる男性に「いいね」を送りまくります。

これは、withが「いいね」をして「マッチング」しないとメッセージができないシステムだからですが、だからこそ業者のアカウントはいいねが普通以上に増えます。

ということで、業者かどうかを見極めたい人は、「いいねの増減」にも着目していきましょう。

withアプリは体験から始めよう

ここまでwithアプリのサクラの現状と業者の現状について、僕自身が半年間使ってきて分かったことを紹介してきました。

それでも、やはり使ってみるまでは、「サクラいるんじゃないの?」「業者はどれくらいいるの?」と思うことも多いと思います。

withは女性はずっと無料。
男性においては1か月間は無料で使えるマッチングアプリです。

特に僕と同じ男性の方は「1か月無料」の期間を使って、自分の地域にどれくらい業者が潜んでいるのかチェックしてみてください。

※1か月無料期間中は有料機能のすべてを使えます。
※1か月が経過する前に解約すれば、一切料金はかかりません。

さいごに

さいごになりましたが、僕はwithが大好きです。

これまでPCMAXYYC、イククルなどの出会い系も使ってきましたし、ペアーズやOmiaiなどのマッチングアプリも使ってきましたが、withは会員数もほどよく、会員の質も高いと思います。

特に可愛い子がいっぱいいて、学生時代「高嶺の花」と思っていたレベルの女の子と普通にデートに行けるようになったのはwithがあったからこそです。

サクラや業者も気になるかもしれませんが、サクラはゼロで業者も1%程度だと思いますので、ぜひwithを使って「良い想い」をしてくださいね。

\withの会員数調査の結果/

withの会員数は70万人越え!実際にログインして調査した男女の会員数